水晶のさざれを買った理由。


 水晶のさざれ。
 世の中では天然石の浄化に使うらしい。
 我が家で水晶のさざれを買ったのは

「幽霊に憑かれた時にペットボトルに封じて捨てるより、水晶に封じる方が確実で簡単だから」

という理由。
 我が家で疲れやすいのはフルーレティ・魅月。
 フルーレティは魅月の中にいるときは魅月に影響をかなり受けている。
 そして何より弱い。
 彼は肉体が成熟してから覚醒している。
 それにたぶん他にもいろいろ事情があるせいで、こっちに持ってきている力は弱い。
 でも彼自身は『光そのもの』と言うわけでいろいろなものを引き付けやすい。
 
 と言うわけで彼に憑いたモノは僕やさくらが始末することになるんだけれど。
 その始末の入れ物に
「水晶のさざれ」
を使おうというわけで。
 幽霊と書いたけれど、相手は幽霊であることは少ない。
 ドロドロとした『穢れ』であることが多い。
 彼は穢れを集めてしまう。
 それは人の形を保てなくなった『元人間』であったり、魔物であったりいろいろだけれどね。
 一番大物は野狐だったけどね
 大物は神狐に進化して我が家のモフモフ仲間入り。
 
 そういえば、ダークウェッブでは幽霊入りのお人形とか売ってるとか。
 15000円くらいで。
 ・・・そんなものが売れるのか?穢れならいっぱいいるんだけどなあ。
 
 最近天然石アクセサリーでも作って売ろうか考えています。
 皇子は破壊神なので、ルエルが作ったやつ。
 んー。一つ二つオークションに出してみようかな・・・。

【日常】野良猫とルエル姫と使い魔。

 ルシフェルと輝きの女神の正当なる子にして、ルシフェルの名を許されたただ一人の存在。
 騎士の中の騎士フルーレティの恋人にして、闇と光をつなぐ至宝。

 姿は薄い光をまとうロシア系の“とびっきりの”美少女だとフルーレティは力説。
 身長は155センチくらい。
 フルーレティの腕の中にすっぽり収まっちゃうけど、巨乳でもっちもっち。
 彼女相手にはフルーレティでも童貞に戻るほど。

 そんな彼女には人間の体(っていうか彼女自身がメイン人格なんだけれど)にいるときは、猫も寄って来る。
 彼女は僕が眠っているとき限定でしか体に戻らない。
 夜中にフルーレティに起こされて、トイレに行ったら廊下に置いてある揺り椅子に猫が。

 

 この子、半年ほど前にきた野良猫なんだけれど、ゴミ屋敷生まれの野良猫で警戒心がすごい。
 いまだになかなか触れないレアな子。
 姫が手を伸ばすと逃げない。
 のびーーーーっと伸びて、グルグルと喉を鳴らしてうっとり。
 ・・・すごい。
 で手を離して寝室に戻ると後ろをついてきた。
 
 ちなみに僕が触ろうとすると、身をかがめた瞬間に逃走。
 ・・・・。
 同じ体なんだけどなあ・・・何が違うんだろうなあ・・・。
 
 我が家では代々黒猫が僕の使い魔になる。
 トイレに行くだけでも、ドアの前で僕に背を向けて待機。
 お風呂でも入ってきて、隅っこで待機。
 家の中にいるときはどこでもいっしょ。
 18年生きた一代目の黒猫が、死の一年前に引退。
 それと入れ替わるように二代目の黒猫が任務に就いた。
 
 現在三匹の黒猫が我が家にいるんだけれど、二代目の黒猫は現在8才なのでまだまだ元気。
 ちゃんと見習いについて、見習いをしていた子が次の使い魔になる。

 ルエル姫は猫と縁がある。
 フルーレティの前にルエルを守っていたのは、ケット・シーの騎士。
 鎧を着た猫でレイピアをもつ猫。
 大きさはルエルの腰ぐらいの背の高さ。二本足で。
 だから姫は犬より猫が好き。
 犬も好きだけれど、そばに置くほどじゃない。
 フルーレティも動物は好きだけど。

 ルエル姫を嫌うものはいない。
 人間を作った神はしらんけど。
 地獄のアイドルなんだよね^^

【悪魔】フルーレティが金髪碧眼である理由


 金髪碧眼であり、狂った堕天使といわれるハシュマルやベルゼブブ、ルシフェルに愛された異端。
 フルーレティは氷属性であり雹を降らせる能力と氷の矢を作り出したり、氷で結界を作ったりする。

 そんな彼なんだけれど、人間界で発動する能力は
「自分がいる場所に雹を降らさない能力」
になっている。
 ・・・隣町で雹が降っていても、彼がいる所にはまったく降らない。
 
 ギリシャ系の白人金髪碧眼美青年で身長は180.
 得意な武器は弓。
 金髪は24金の輝きで、オールバックで後ろで束ねられている。
 憂い顔がセクシーすぎて、Auel皇子に
「どや顔むかつく。あいつは哀しい顔しているときが真骨頂」
と。・・・確かに。

 そんな彼は黒焦げ人型低級魔族の出身だけれど、神の美貌を持って生まれてきた。
 ラファエルがさらりと言うには
「ルエル姫のお母さんの光に被爆したんだろうね」
と。
 女神の光をまるっと受け継いだ魔族。
 色々数奇な運命をたどってきたんだけれど、今はルシフェルの軍を率いている。
 ルエル姫の正当な恋人であり、ルシフェルの愛人。
 
 彼の属性は光そのもの。
 だからこそ、堕天使たちは彼を手に入れようと策略を巡らせた。
 結局サタンの鶴の一声でルシフェルに引き取られたけど。
 フルーレティの光は神の物。
 その光は堕天使の糧となるし、力の源になる。
 彼を奪われたハシュマルとベルゼブブが激怒したのは、そういう面でも無理がない。
 ルシフェルにはルエルという娘がいるしね。
 ルエルは正当な女神の血筋の子だから。
 神の血を引く娘と神の光を受け継ぐ騎士二人を自分のそばに置くなんて・・・というのもあったと思う。
 ハシュマルはフルーレティを愛していたしね。
 相手を引き裂いて血を見なければおさまらないような純愛もある。
 ベルゼブブとルシフェルは、天国を追われた時から敵対している。
 
 胎児の時になぜか女神の光に被爆して金髪碧眼の神の姿と力を手に入れたフルーレティ。
 全身の傷はハシュマルに切り刻まれた傷・・・じゃなくて愛の跡。
 
 どうして彼が女神の光に被爆したのかはわからない。
 
 彼の妹レティシアも金髪碧眼だったけれど、光を引き継ぐことはなかった。
 もともとレティシアは堕天使(非力)であり、天界を追い出された存在。 
 彼女は容姿だけを引き継いだ。
 女の「腐った部分」を煮詰めた性格なのは、もともとなのか・・・なんなのか(多分もともと)

 神の容姿を持つ悪魔。
 異端中の異端であることは間違いない