【前世】異種族転生 海に棲む者

前世、人間ではなかった人は僕の周囲には結構多いです。それを人間たちがどうとるのかはわかりません。ですが彼らは苦しみながらこの世界に存在しています。あなたの隣にいる人は、本当に人間ですか?

人間として生きる違和感に苦しむ女性


人間であることに年々違和感を持ち、それが自分を苦しめると話をした美香(仮)さん。

美香さんは物静かで話し方も落ち着いた女性でした。

初めてお会いした時に

「なんて海な人なんだろう」

と思ったのが最初。

「美香さんって、もしかして海の関係のものに惹かれませんか?」

と聞いてみました。

「好きですよ。真珠や赤い珊瑚とか、貝殻とか。ハワイのデザインが好きで海が好きなんです」

と。

「特に赤い珊瑚には魅了されます」

お話を聞きながら、僕が見たのは大海原を泳ぐ人魚。

(ああ。この人は人魚なんだ・・・。人に転生しちゃったのか)

頭をよぎりました。

「今日のご相談は、私天然石として赤い珊瑚を持っていていいのかなと思って」

「持っていたほうがいいです。失礼ですが美香さんは人間であることが、つらくないですか?」

美香さんは大きな目でじっと僕を見ました。

「人間であることに違和感と言うか・・・たまに戻りたい。と思うけれどどうしていいかわからない。そんな思いありませんか?」

美香さんは顔を伏せました。

「人には言えないけれど、あります。人としての感情が少なくなってきていて、人に同情できなくなってきているんです。自分が人間でないような感覚が年々大きくなってきていて」

最近、【人でない魂】を持っている人たちの間では、年々人間としてのいろいろなものが欠落していく人が増えているようです。

「僕が見たものを正直に言います。あなたをはじめて見たときに海を感じたんです」

前世に人魚だったひと

僕は妖精さんだった人は見たことがあります。

でも人魚さんは初めて。

彼女がどうして人間になったのか。の深淵まではもぐることはしませんでしたが、彼女は人魚として最初の前世に存在していたようです。

浅い明るい海で仲間と戯れているのが見えたんですよね。

あの世界がこの世界なのか、異世界なのかはわかりません。

ただすごく明るい海で楽しく泳いでいたのが、伝わってきたんですよね。

「あなたは人魚だったんじゃないでしょうか。正直に言います。あなたが最初の前世で海にいたのが見えたんです。赤い珊瑚も真珠も海にかかわるすべてのものが、あなたを守るんでしょう。本来のあなたは明るくて無邪気でした。何らかの理由であなたは人間になったんです」

美香さんは寂しげに笑っていました。

「そっか。だからこんなに人と一緒にいても寂しいんですね」

「人でないものはどんなに人間と一緒にいても、心が埋まることはありません。悲しいけれど・・・」

戻る日が近づくほど、人としていろいろなものを失っていく恐怖って本人にしかわからないんですよね。

・・・開き直ったら楽ですけど、中途半端なときが一番つらい。

 

もしかしたら人間である自分と人間じゃない本来の自分の違和感で苦しむ人・・・あなたが思うより多いのかもしれませんよ?

 

ホントの自分で話をしよう

会員制サロン オカルト・スピリチュアル会員サロン  闇のささやき

 

 

【前世】見知らぬトラウマ。植物の怪


悪魔のみなさんこんにちは。
多肉植物。
小さいのはかわいいのですが、大きいのって怖くありませんか?
動きそうというか・・・。
アロエとか大きい奴は襲い掛かってきそう・・・。

という話をフルーレティとしていて、フルーレティ
「どうして多肉植物や木以外の大きな植物が怖いのかやっと謎が解けた」
と。
そう。僕らが大きな植物が怖いのは、
「あちら(僕らの属する世界、前世、異世界)の植物(多肉植物系や大きな葉を持つ草系)は肉食だから」
だという結論に。
食虫植物もけた違いに大きくて、地面の中に袋をつくり、落とし穴式に生き物をとらえるやつ。
うにょうにょ根っこで移動して、がぶりと来るパックンフラワーみたいなやつ。
ねとねとしたはっぱを振り回して、動物をとらえるために動くやつ。
と結構多彩。
獣王星という漫画に人間を襲う植物が出てくるんだけれど・・・既視感が・・・(笑)
 フルーレティは森で狩りをして育った。
 だから森の怖さを熟知しているんだよね。
 食人植物を踏み抜いた時の怖さも、やつらが本気になって狩りをするときの敏捷さも。
 ウツボカズラが3メートルくらいのツボを土の中に隠していると思ってください。
 ・・・怖いです。
 あとハエトリソウもでかいです。
 骸骨が落ちてます。怖い。

 フルーレティは
「こっちの大きな植物が怖いのは、向こうで植物が襲い掛かってくるからなのか」
と納得していました。
 前世の記憶とはちょっと違うかもしれないけれど(僕らは今もあちらの世界に同時に存在しているから)、
「なぜこれが怖いんだろう?」
と悩んでしまうトラウマ物はもしかしたら、前世で何らかのひどい目にあったからかも。
 
 わが娘のさくらは、キャンプファイアーなんかの大きな火柱が怖いそうです。
 僕は踊りたくなるくらいテンションが上がるんだけれど、娘は怖いと。
 彼女は前世で、炎にまかれた神社で自分の仲間が死んでいくのを見守り、最後自分も焼かれて死んだ。
 だから火が怖いんだと言っていました。
 
 僕は武器を持って先輩やフルーレティと対峙するとアドレナリンがドバドバ出ます。
 もう腹の底は冷えて、笑顔が抜けなくなっちゃう。
 楽しくて楽しくて仕方ない。
 ・・・これも前世の影響なのかも・・・。
 僕は銃は好きだけれど、やっぱ剣でしょ!刃物で人間殺すのは・・・(略)
 戦争は戦ってる人たちもともかくですが、巻き込まれる方はたまったものじゃありませんが。

 前世っていろいろなものに影響を与えていて、哀しくも面白くもある。
 騎士として誓いを立てた主にいまだに逆らえないところとか・・・!

 自分の興味やトラウマから、前世を探っていくのも楽しいかもしれませんね

【前世】前世を思い出した後の末路。


 過去に捕らわれれば、未来を失う。

 僕は前世をたぶんフルーレティより鮮明に覚えている。
 彼がどんな幼少時代だったか、どんな思いとどんな経験をして生きてきたかもね。
 彼の魂は深淵までルエル姫に託しているので、ルエル姫には全部見える。
 
 自分の分と彼の分。
 そして自分が「人間として」生きてきた分。
 結構色々覚えているけれど、覚えていないものもある。
 1シーンだけ覚えているのは、柿渋を塗った床を見ているシーン。
 ・・・多分戦国時代。
 いろいろな人が周囲にいるんだけれど、視線が床。
 縄で編まれた丸い座布団が置かれているので、
「日本の戦国時代ごろかな」
と思ったんだけれど・・・。
 周囲をちらっと見てくれたら、甲冑でどこにいるのかわかるのに。残念。

 さて、前世を思い出すって気軽なものではない。
 業も後悔も喜びも悲しみも、色鮮やかに思い出すということ。
 思い出していない人が思うような感じではないんですよね。

 僕は前世の記憶にかかわった人たちが周囲にいます。
 彼らと同じ記憶を持っている。僕の記憶は彼らと同じもの。
 だから
「妄想だもの」
と逃げるわけにもいかず。まあ彼らがいなければ、本当の意味で狂気に堕ちていたとは思います。
 
 幼少時の記憶より鮮やかだから。
 
 僕が一番幸せだと今も思っているのは、騎士としてお仕えした蒼銀の騎士ルラトさまの時代の記憶。
 最後は自殺したけれど、ルラト様と生きた時代が一番幸せで子供らしく生きられたと今も思う。
 あの頃の幸せがあるほどに、今は切ない。
 幸せな時間があったあの頃に戻ることもしのぶこともできない。
 青い薔薇が咲き乱れていた世界じゃないもん。ここ。

 幸せだった記憶があるから、自分が生きるべき世界があるから、忘れるべきだった業があるから。
 だから僕はこの世界だけが真実だといえない。
 どんなにフルーレティがそばにいても、ルラト様がこの世界にいても。
 ここは僕らの世界じゃない。
 その思いが強くなり続けるのなら、前世なんて知らないほうがいいと思う。

 フルーレティがまだ記憶を取り戻していなくて、
「ルエルを探し出さなければ」
ということしか覚えていなかった時代。
 ルエルのことは覚えていて、自分のことを覚えていなかったことに嫉妬したレティシア(フルーレティの妹)が兄の記憶を取り戻せと迫った。
 フルーレティ自身にも取り戻したいと懇願されて、前世の箱を開けたけれど。
 幸せだった時代が鮮明であるほど、今のレティシアの醜さに対峙するしかなかったフルーレティ。
 自分の妹は実は「か弱い少女」ではなくて、「強欲で醜い女という魔物」であることを受け入れるのは大変だった。
 必要なことだったとは思うけれど、なんだかなあ。

 今の時代もままならないのに、前世の業や因縁を思い出して背負って何になる?
 と僕は聞きたい。
 僕ら以外にも前世を思い出しながらも、人間として生きている人たちはいるだろう。
 そんな人たちの多くが孤独なのかもしれない。
 
 Vive hodie.

 思い出している人たちは多分うなずいてくれると思う。
 意味は 今を生きろ
 どんなに過去を思い出しても、もう戻れない。今を生きるしかない。

 前世を思い出して自分が何者か知っても、それが重荷になっていく。
 なら知らないほうがいいだろう
 
 自分が何者でも、どんな過去を持っていても、今を生きていくしかないもん。 
 

【不思議な話】同じ前世の人と出会うとどんな感じ?


 僕の中にいるルエル姫と魅月の中にいるフルーレティは、前世からの付き合い。
 この世界にルエル姫を『逃がす』ためにこの世界に送り込んだ時に、フルーレティは
「ルエル姫を探し出して守るから、行かせてくれ」
 とルシフェルに哀願。
 時の河の中でルエルに出会う確率なんてないと言われたのに、無理に時の河に飛び込んで現在。
 探し出してラブラブ。

 彼とは僕はこの世界であったのは二回目。
 一度目は初彼の中にいた。
 そしてそこから消えて、二度目は魅月の中にいた。

 魅月の中にいた時に初めて会った時、フルーレティはルエルを抱きしめて号泣。
「やっと再会できた」
と。
 
 彼とは結婚するだろうなと思っていたし、実際結婚した。
 
 他にも同じ前世を持っている人に何人か会ったけれど、ふと
「○○だったよね」
と言ったら、それに同意と補足が入る。
 フルーレティは僕以上にあちら側のことを知っている。
 自分の育ってきた記憶は、忘れていることも多いみたいだし心の底に封じているものも多い。
 それを無理に開けさせることはいないけれど。
 彼から僕に対してあちらの話を振ることはないけれど。

 同じ前世の人と会うと、すぐにビビビとなるわけじゃない。
 一緒にいると
「ああ・・・こんな事が前にもあった」
と思い出したりする。
 それが幸運なことだとは僕は思わない。
 思い出すほどに前世の因果を現世に持ち込むことになるからね。
 僕らは手遅れだけれど。

 前世は『思い出す必要がある』なら思い出すし、『出会う必要があるなら』出会うわけで。
 僕のように周囲に残る身内が
「何らかの前世でのつながりがある」
人たちばかりになるというのも、特殊なんだろうけれど。
 
 前世でつながりがあった人に出会うと、その人との思い出とか思い出す。
 じゃなくても
「ああ。この人、会ったことあるな」
となんとなくわかったり。

 もしかしたら何気ない日常に潜んでいる特別なのかもしれない。
 因縁ってめぐるから。

 

【コラム】天使は人間に対して優しい。という幻想と天使への呪い

天使。
 神に仕える聖なる使者。
 清廉にして優しさに満ちた存在。
 というイメージがあるかと思いますが、そうでもないようです。
 
 天使はこの瞬間も増え続けています。
 どうやって?どうして?というのはここでは省略。
 ここんところは「禁忌」に当たるよう。
 あまり禁忌を犯すと、ラファエルさんが
「止めろ~」
と神を派遣している世界、いと高き者たちから電波を受信するのでそこそこに。
 
 この瞬間も天使は増えているから、天使の数はわからない。

 この説は事実のようです。
 さていろいろと天使のネタはあるんですが今回は天使は
「人間にやさしいのか」
という点について。

 僕はこれ自信をもってNOといえます。

 彼らは基本的に人間自身のことはどうでもいいと思っています。
 でも人間に対して干渉するのは、神の為なのです。
 もしくは神の命令。
 彼らの魂には呪いがかかっています。
 かつてその呪いを自力で解いた天使がいました。
 
 ルシフェル
 
 黎明の子の名を持ち、次世代をその手で生み出そうとしたことを
「反逆」
として闇に堕された元天使。
 戦争を仕掛けたということになっていますが、武器を使う戦争ではなく・・・。
 その話は今度。
 彼は

神の命令を至上とし、神を賛美の対象とする

という呪いを自ら解いたそうです。
 ラファエルさんはその時のお話を
「ものすごい修羅場」
だったと口数少なに教えてくれました。
 詳しい話は聞いていない。

 天使は神のために存在する者であり、神を賛美し従うのは当たり前。

 それを呪いとするか祝福とするかは種族の価値観にもよるのかもしれない。
 僕は呪いだと思っている。
 人間に掲示を与えるのは、天使が自分で行っていることじゃない。
 意思がないわけではないけれど、すべてにおいて神が優先される。
 それに疑問を持つことさえ許されない。
 
 Auel皇子は自らの 意思 で従うことを良しとするタイプ。
 あらかじめプログラムされた行動なんて必要ない。
 神に従いたくない天使がいるのなら、それは神の求心力がないからでしかない。
 呪いや洗脳で従ってもらわなければならないほど、落ちぶれちゃいない。と。

 光が闇に従う世界
 それが希望に満ちるのか。
 闇を悪にする今の価値観では想像もできないんだろう。

 天使が人間に対してよい意識を持っていると、自称天使が言っていたら・・・。
 その魂のぞき込んでみた方がいいぞ。