【心霊考察】ウィジャボードとは違う。こっくりさんはなぜ危険?

 昨日ツイッターでこっくりさんの話になったので、こっくりこっくり考察したいと思います。

 こっくりさん。

 危険度は認知されていますし、海外の怖い動画でも登場しますね。

 こっくりさん、ウィジャーボード、派生でエンジェルさん、まあ呼ばれ方はいろいろですが、基本的にイラストのような感じのものです。

 外国のはアルファベットになっていて、こっくりさんだと指示するのは10円玉や割りばしみたいなやつですが海外のは専用ボードがあるものがあるようですね。

 あと、鉛筆で簡単に「yes、no」だけのやつも見たことがあります。

 簡単に霊と更新できて便利ですし、わかりやすいし、複雑な質問にも答えやすいようです。

 ですが、みなさんご存じの通り、非常に危ない交霊術の一種でもあります。

 なぜこっくりさんは危ないのか。ということを考察していきたいと思います。

こっくりさんにはどんな危険があるの?

 こっくりさんが帰らなくなった時に、対処を間違ってしまうと憑依されてしまう

 基本のこっくりさんは『その場にいる霊と交信するのではなく、『呼び出す』という性質が強いような気がします。

 海外のウィジャボードはその場にいる霊と更新するという使い方をよくされていますよね。

 交信をやめる時に「こっくりさんに帰ってもらう」という方法をとるのですが、ここでトラブルが起こるようです。

 「帰ってくれない」というトラブル。

 帰さずにやめてしまうと憑依されるということで、必死になって帰そうとするけれど帰らない。

 というトラブル。その場にいる霊なら

 「ありがとうございました」

 で終われるんだけれど。。。。
 
 

こっくりさん自身のことを聞くなど、タブーを犯してしまう

 こっくりさん自身のことを聞くのはタブーとされているよう。

 ウィジャボードが霊自身のことを聞きまくるものであるのに対して、こっくりさんは霊自身のことは聞いちゃダメ。

 あと願望も聞いちゃダメなんですよね。それをかなえることができないから。

正常に終わったのに憑依されてしまう

 これはどうしようもないですよね・・・。

 こっくりさんとは何なのか

 狐狗狸(きつね、いぬ、タヌキ)とされているこっくりさん。実際にやったことはないので、呼び出すものが何なのか私にはわかりませんが・・・。

 狐狗狸と言われているので、きつね、いぬ、たぬきのどれかなのでしょうが、実際は人霊が来ることも多いようです。

 狐狗狸を使った交霊占い術といった感じでしょうか。

こっくりさんが危険な理由

 こっくりさんは危険ですが、これはどうして危険なのか。考察してみました。

こっくりさんは名指しで呼ばない

 こっくりさんは、

「狐狗狸さん、狐狗狸さん」

と呼びかけますよね。

 これ危険です。

 名がない狐狗狸さんは動物霊の中でも低級霊に位置します。

 名前って結構重要なもので、名があるということはそれなりの力と理性がある証拠。

 名前というのは力を持っているということは、オカルト好きならご存じだと思います。

 その名を持つほどの力もない低級である狐狗狸さんは、少しでも力を手に入れたいと飢えている子も多いです。

 人間でも「出世してお金持ちになるんだ」って夢を持つ人がいますよね。

 狐狗狸さんにとって「力」はお金と同じなんです。

こっくりさんはなぜ帰りたがらないのか

 人間に憑依して人間の魂を食らうと、人間の力を自分のものにできます。

 妖怪でも人を食うもの多いですよね。

 人を食うと穢れますが、穢れは力にもなりえるもの。

 ジ〇リのおこ〇ぬし様みたいに最後は自分を見失いますが・・・。

 人間の魂を食らうと穢れと引き換えに、大きな力を得ることができる。

 ジ〇リに出た猩々が

 「人間食う。人間食って力手に入れる」

 と言っていたあれです。

こっくりさんをする人は憑依されやすくなっている

 普通に生きている人は憑依まで行くことは少ないです。

 憑かれることはあっても、魂まで食い込まれたりはなかなかしない。

 でもこっくりさんという行為は、心を開いてしまっている状態なんですよね。

 自分に心を開いている人、家族や恋人友人誰でもいいですが何となく考えていることが伝わってきたりしませんか?

  あれは開いている心に関与できるから。虫の知らせなんかもそうですよね。

 こっくりさんを信じていようが信じていまいが、質問に答えていく時点でこちらの魂にこっくりさんが関与できる状態になっているのです

 こっくりさんは力がほしい。人間食べたい。で憑依につながるわけです。

こっくりさんの存在を認知する

 こっくりさんが質問に答えるのをみて、こっくりさんの存在を認知する。わけです。

 認知というのは非常に霊的に大きな力で、相手に認知されることで影響力を強く与えることができるようになります。

 知らぬが仏 ってやつの逆バージョンですね。

こっくりさんをどうにかできるプロがいない

  たいていの場合、友人同士でやったりするので、霊能者的な立ち位置の人がいなくて困る場合が多いと思います。

  霊能者と言っても、霊感、霊攻撃力、人得意とかいろいろな人がいますが・・・。

  霊能者的な人がいれば、少し違うのかもしれれません。

  ただ魂の中に入られてしまうと、霊能者でもどうしようもなそうですが・・・。

まとめ

 ウィジャボードとこっくりさん、似て非なる物でありこっくりさんの方が危険度が高いように思います。

 我が家の家訓
「こっくりさんは絶対にやるな。こっくりさんをやっての憑依は面倒見ません」
です。我が家はそこそこ霊感持ちばかりなので、手を出すことはありません。
怖い動画は大好きですけどね♡

 世の中には決して触れてはいけない闇が存在するのです。

 こっくりさんはそんなものの一つなのかもしれませんね・・・。

この記事はオカル道さんとこっくりさんのお話をしていて考察したものです。
オカル道さん、ありがとうございました^^

動画応援しています!

PR
日本現代怪異事典 [ 朝里 樹 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加