【リアル】心の声が聞こえるとどうなるのか?心が読めた事例3選

YouTubeでこんなお話を見ました。

ということで今回は
心の声が聞こえるとどうなるのか?in現実」についてお話ししたいと思います。

心の声が聞こえる

心の声が聞こえる病気

 心の声が聞こえる精神疾患はいろいろあります。

 僕の周囲では境界性人格障害の人が言っていました。

 境界性人格障害

 自分が思うとおりに他人が動かないとヒステリックになる

 という厄介なもの。詳しくは調べてみてください。…非常に迷惑。

 

 あと妄想や幻聴が聞こえるタイプの精神疾患もありますよね。

 幻聴が聞こえる病気も多いですが、これってホント厄介。

 

 皆さんがご存じアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)も実は

 「頭の中がざわざわうるさい

 なんて感じだったりします。はっきり幻聴が聞こえるわけではないのですが。

心が読める?事例3選

 聞こえ方は人それぞれだと思うのですが、僕の場合は声としてではなくわかるんです。

 理解するというか。だから心の声が聞こえるは正しくない

 相手の心が理解できる。

 という風になるのかもしれません。

事例1さくらとコンビニと月夜

 さくらが僕の部屋をうろうろ

 うろうろしているなあと見ていると、自分の口から突然

コンビニ行きたいけれど、月夜がお金出してくれないかな?と思ってる?」

と出ちゃうんですよね。で、さくらが黙っていて

「『なんでわかった?月夜だから仕方ないか』と思ってるよね?」

「『この人何でも読んでくるから楽だけれど、読まれて嫌なことも読むんだよなあ』と思ってるね」

のあたりで、さくらが

「このヒトだわ・・・」

という感じ。全部当たっていたようです。

 

事例2魅月とナンパとお風呂

ちなみに過去の情景も見ることができます。

 魅月は相当のナンパ師です。

というわけで、女の子とラブホテルにいくこと何千回。

 その中でたまたま僕の印象に残っているのは、三センチ四方のまっピンクのタイルと白い目地のお風呂で女の子を後ろ・・・ビー(以後内緒♡)

 女の子とどんなことをしていたのか、

「あの時に何を思っていたのか」

をさかのぼって読むことができます。

 すごいでしょ?

事例3家族が今見ている風景を見ることができる

 今家族が何を見ているのか、視覚にハッキングしてみることができます。

 離れているときに便利なこのわざ、見え方は

「思い出を見ているような脳内での再生」

です。例えばスーパーで

「さくらはどこにいるんだろう」

というときに、ハッキングすると今見えているものが見えるのです。

 野菜がたくさん売っているなら野菜売り場とかね。

おまけ 前世の記憶とも同期済

 フルーレティの記憶とさくらの前世もリンク済み。

 フルーレティがこちらの世界に持ってきていない記憶にも、すべてリンク可能です。

 さくらの前世は結構はっきり見えるのですが、本人に確認すると大泣き。

 すまぬ。

 

心を読めると・・・こんなことがあります

 

 僕自身は自分のことをおかしいと思っています。

 なので相手に確認します。

 「聞こえたからやっておこう」

 と自分の勝手な行動の理由にはしない。

 必ず相手に確認します。
 

 それが気持ち悪いと言われたらそれまでですけどね。 

 人の心は家族しか読まないことにしています。

 さくらは僕の細胞から分化した我が子

 フルーレティと魅月はがつながっている存在。

 ただ見えないのが下の子

 少しは見えるのですが、未知数

 他人のが見えるのか。

 それは場合によります。ただ力を使うので眠くなってしまう。

 というわけで普段は他人の心を覗くことはないので、安心してね。

 人の心が聞こえると便利なこと

 便利なことは

「話さなくても伝わる」

という点。これは便利だそうです。思うだけで伝わるから。

 でも僕にとっては何も良いことがない。。。(笑)

 でも僕も話さなくても相手が何をしているのか見えるので、まあいいのかな?

 

人の心が聞こえると嫌なこと

 僕の場合は家族限定で悟っていますが、それでも他人の心には敏感で感受性が高いです。

 なのでものすごく他人に対して気を遣う。のと、相手が自分の悪感情を抱くとすぐに察知します。

 それが自分的にはすごくですね。

 

なくなれば寂しいけれど・・・

 なくなれば寂しいけれど、なかったらほしいと思わなかったかな・・・。

 人の心を聞いたり見たりする力。

 あなたは欲しいですか?

 僕の場合年々強くなっていっているんですよね・・・ヤバい。

みんなの電話占い|口コミ数業界No.1

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。