時の河 

いと高き世界にて


 すべては サタン・ルーチェット・ルーチェン3柱の神から始まる。 

 ルーチェットは創造の女神となり、ルーチェンと交わり世界を産み落とすはずであった。

 しかし彼女は神として未熟なルーチェンを嫌っていたのだ。

 そして天使最高傑作と言われるルシフェルに惹かれていた。




金の異端者 闇の至宝

 ルーチェットとルシフェルの娘であるルエルが生まれた日、嫉妬と復讐にかられた神により、ルーチェットが消滅した。

 とある下級魔族のもとに、地獄に生まれるはずのない子が産声を上げた。

 つややかに光る金色の髪と空色の目を持った美しい異端者。

 ルエルがルシフェルのもとで手中の珠のごとく育つ間、異端者は光を求める堕天使たちに追われていた・・・。



金の異端者 闇の至宝 再会

 ルシフェルに仕えることになったカイは慣習どおり名を変え、

フルーレティ と名乗ることになる。

 ルエルを護るために人間の輪廻に逃がし、そのあとを追ったフルーレティはルエルに再会することができた。

 ルエルと人の世で生きる日々は普通で普通ではない日々であった。


  そして地獄に